平目(ヒラメ)の美味しい食べ方4選

50センチオーバーのヒラメ 水産加工
50センチオーバーのヒラメ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
↓↓↓他にも水産加工が一杯!ブログ村のテーマはこちら

先日、いつもお魚を頂く釣り師Iさんから大きなヒラメを頂きました。この日は同型が7匹ほど釣れたそうで、1匹お裾分けしてもらいまいした。

いつも頂いて大変恐縮なのですが、開けてビックリ!今回はまな板からもはみ出すかなりビックなヒラメです。ゆうに50cmは超えているでしょう。

さすがにこの大きさになると、ただの刺身だけでは食べきれません。(*_*;

刺身、しゃぶしゃぶ、天ぷら、カルパッチョetc・・・

色々思いつきましたが、刺身と唐揚げ、あとは漬けにして食べることにしました。無論、アラは汁物にしていきます。

スポンサーリンク

ヒラメを5枚卸しに捌いていく

今回はかなり大きい魚体でしたので、面倒で無ければウロコは梳き引きにした方がいいかもしれません。面倒なら軽くタワシなどで落としてそのまま捌いていきましょう。今回はダイジェストでお送りします。(‘ω’)

捌き方などは前回記事を参考にして下さい。↓ ↓

頭と内臓を取り外す
頭と内臓を取り外す
脂と魚体の厚みがすごい
脂と魚体の厚みがすごい
大きすぎてやっつけるのが大変
大きすぎてやっつけるのが大変
スポンサーリンク
半身でこの量
半身でこの量
四半身でもこの大きさ
四半身でもこの大きさ
ハラスと縁側を落として柵にする
ハラスと縁側を落として柵にする
スポンサーリンク

皮を引いてみたら、縁側だけではなく身も脂の乗りがすごいですね。

美味しさの期待が膨らみます。

下の写真はヒラメの白い裏側の背の部分。

裏側は表側より身が薄いのですが、裏側でこの厚みですからすごいですね。縁側を外して、背骨の血合い部分を取り除いて処理していきます。

裏側の背の部分
裏側の背の部分

さあ、半身が捌き終りましたが・・・どうでしょう。この大きさ!

脂の乗りも最高で本当に素晴らしい平目ですね。早く食べたい!

半身終了
半身終了

さて全て捌き終えました。手前が表側の半身、左上が裏側の半身、右上がアラになります。

ほんとこんなの刺身だけじゃ食べきれないよなあ・・・。(*´Д`)

ヒラメ一匹分の柵とアラ
ヒラメ一匹分の柵とアラ
スポンサーリンク

ヒラメの刺身を作る

まずは定番の刺身を作っていきます。薄く削ぎ切りにしていきますが、ほんと身がプリプリですね。やっぱり釣りたては違います。

これは刺身だけでなく、カルパッチョやしゃぶしゃぶでも最高に美味しく頂けますね。

ヒラメの刺身
ヒラメの刺身
スポンサーリンク

ヒラメの漬け丼or漬け茶漬け?

漬けにするために煮切り醤油を作っていきます。分量はお好みですが、醤油:酒:みりんが6:2:1でつくりました。中火にかけて10~15秒程度、アルコールを飛ばします。

煮切り醤油を作る

ヒラメを刺身よりも厚く5mm程度に削ぎ切りにして、冷めた煮切り醤油の中に15~20分漬けこみ冷蔵庫で保存します。漬け時間はお好みで調整して下さい。

冷めた煮切り醤油に漬けて冷蔵庫に入れる
スポンサーリンク
ごはんに海苔を細くきってのせる
ごはんに海苔を細くきってのせる

ご飯をよそって刻んだ海苔を乗せたら、先ほどの漬けヒラメを敷き詰めます。

このまま食べれば漬け丼なのですが、ここで方針転換!(笑)

今回はこれに出汁をかけて漬け茶漬けにします。一番出汁をかけてもいいですし、ヒラメのアラでとったスープをかけてもOK。

刻みネギやちぎった海苔なんぞかければ、ヒラメの漬け茶漬けの完成です。今回はヒラメのアラでとったスープをかけましたが、出汁が効いてめちゃウマでした。(*´ω`)

このままだと漬け丼
このままだと漬け丼
ヒラメの漬け茶漬け
ヒラメの漬け茶漬け

ヒラメのアラのお吸い物

アラは捨てずにお吸い物にしていきます。詳しい作り方は以前の記事を確認してください。

昆布出汁、あるいは一番出汁をとって沸騰させアラを入れていきます。

アラを入れたら適宜アクをとって、再沸騰したら中火にして出汁をとっていきましょう。

今回は昆布出汁
今回は昆布出汁
沸騰したらアラを入れて再沸騰したら中火にする
スポンサーリンク
適宜アクをとる
適宜アクをとる
中火でじっくりアラから出汁をとる
中火でじっくりアラから出汁をとる

ある程度出汁がでたら、具材をいれますが今回は椎茸のみにしました。

軽くスライスして鍋の中に投入します。椎茸に火が通ったら、みりんと酒を軽く入れて最後に醤油をいれます。今回は上品な味にするために白醤油を使いましょう。

白醤油は結構塩分ありますので、色は変わりませんが入れすぎに注意です。

お椀によそったあと、ネギを散らして完成です。

今回のヒラメのアラのお吸い物は、めちゃくちゃ脂がのっていて美味しかったですね。

スポンサーリンク
椎茸を入れる
椎茸を入れる
今回は白醤油
今回は白醤油
ヒラメのアラのお吸い物
ヒラメのアラのお吸い物

ヒラメの唐揚げ

正直、皮を引いて柵にしてしまった手前、唐揚げよりは天ぷらの方がいいのかもしれませんが、天ぷらだと薬味を作ったり大変なので、今回は唐揚げにしました。(笑)

適当な大きさに切り分け、塩胡椒と片栗粉をまぶして揚げます。

刺身で食べられる代物ですので、さっと揚げればOK。

白身魚の淡泊な身が揚げることで、丁度よく油の風味交わって美味しく仕上がりますね。サクサクな食感も最高でした。

この度も釣り師Iさん、美味しいお魚を頂きまして、ありがとうございます。(‘ω’)

ヒラメの唐揚げ
ヒラメの唐揚げ
サクサクで旨い
サクサクで旨い

コメント

タイトルとURLをコピーしました