スポンサーリンク
水産加工

キタムラサキウニを炭火焼にする

前回、ムラサキウニを割って刺身で食べる記事を書きました。 前回大き目のものが250円だったのでお得感いっぱいでした。今回はそれよりもグンと小さいムラサキウニです。大きさでいうと二回りくらい小さいでしょうか。トゲトゲを抜か...
水産加工

キタムラサキウニを割って刺身で食べる

筆者、ウニがメチャクチャ好きです。料理も焼き、蒸し、天ぷらなど色々ありますが、やっぱり生で刺身で食べるのが大好きです。 ウニって漢字で書くと色々な表記があり、一般的な雲丹という漢字や海胆、海栗なんかもそうです。 北海道で獲れる...
雑記

四つのテスト~ロータリークラブ倫理指針

函館のハローワーク横の道を函館山方面も向かうと右手は大きな中央分離帯になっているのですが、中央郵便局横にその記念碑はあります。 「四つのテスト」と書かれた記念碑は、はじめて見る人なら何だろうと思ってしまいます。 四つのテスト言...
スポンサーリンク
水産加工

大きいヒラメを捌いて料理する③~ヒラメ肝を作る

釣り師Iさんから頂いた大きいヒラメ。 刺身やカルパッチョ、つみれで美味しく頂きました。 冒頭写真の大きな肝、普通にアラ汁に入れたり、刺身の肝醤油したり、軽く湯がいて食べても良かったのですが、余りに大きい肝だったので...
水産加工

大きいヒラメを捌いて料理する②~銀餡つみれとアラ汁を作る

↓ ↓ さて、前回釣り師Iさんから頂いた超大きいヒラメを調理しました。 非常に大きいヒラメで刺身にしてもカルパッチョにしても、とても食べきれるものではありません。 残りはどうやって調理したのか? 実は捌く前か...
水産加工

大きいヒラメを捌いて料理する①~刺身やカルパッチョで

もはや当ブログでお馴染みとなっている釣り師Iさん。 6月以降はサクラマスからヒラメにターゲットを変えて、日々釣果を積み重ねております。 今年に入って何尾ヒラメを頂いたか・・・正直、覚えておりません。すみません。(;^ω^) ...
雑記

週末BBQ~ついに炭火焼き鳥屋出現!

このコロナ禍で外食もままならないので、自宅での食事が必然と多くなります。 しかも、週末は家族でBBQといのが定番化してきました。 しかし、コロナ禍も1年半以上続くと肉も海鮮系もほぼ食べ尽くした感があり、マンネリ化してしまいます...
水産加工

モクズガニ(藻屑ガニ、川ガニ)の味噌汁を作る

7月の初め頃、珍しく活のモクズガニが売っていました。ハサミに付いた毛が藻屑のようなのでモクズガニだとか・・・。 正直珍しいです。(;^ω^) 活が珍しいのではなく、モクズガニが売っていること自体が珍しいです。あんまりみかけない...
水産加工

アマダイ(甘鯛、グジ、アカアマダイ)のアラ汁を作る

↓ ↓ 前回、アマダイを刺身や昆布締めにしました。 身は柔らかいですが、非常に美味しいお魚です。('ω') 刺身を作った後のアラは、いつものように汁物にしていきます。やっぱり赤い色の魚はいい出汁がでますので、めんど...
水産加工

アマダイ(甘鯛、グジ、アカアマダイ)の昆布締めを作る

↓ ↓ 前回、甘鯛のお刺身を作りました。 非常に甘くて旨味もあり美味しいお刺身でした。 前回も書きましたが、強いて欠点を言えば身質が柔らかいこと。 この欠点を補うために塩を軽く振ったり、昆布で締めたりして余計...
水産加工

アマダイ(甘鯛、グジ、アカアマダイ)の刺身を作る~捌き方と作り方

もう先月のことですが、赤い色をしたお魚を食べたいなあと思って市場に・・・。 真鯛も鮮度よく売っていたのですが、久々に甘鯛も食べたいなあと迷ってしまいました。甘鯛を食べたのは1年以上前に小甘鯛の唐揚げを食べたのが最後だったか・・・など...
水産加工

バカガイ(アオヤギ・アブラガイ)で炊き込みご飯を作る

バカガイが安く売っていたので刺身にでもしようと1kg買って来ました。 これで700円、安いと思うか高いと思うか。 新鮮なので筆者的にはなかなか安いかなあと思っております。 まず、洗って砂を落としてから捌いていきましょう。...
雑記

週末BBQ~2021年夏

世の中、東京オリンピックや新型コロナウイルスの話題ばかりですが、我が家週末はBBQの話題ばかりです。アウトドアではなくBBQにハマった家族が週末ごとにBBQしようと言ってきます。(苦笑) 外食が自粛ムードのコロナ禍で、一体何回BBQ...
ミュージアム

北斗市郷土資料館

函館市総合分庁舎の2Fに北斗市郷土資料館があります。 ここは昔の大野町役場であった場所です。その庁舎を利用して、合併後は北斗市(旧大野町と旧上磯町)の歴史や風土に関わる展示をしております。 基本情報 開館時間:午前9時...
水産加工

蛤(ハマグリ)の出汁で卵雑炊を作る~やはり貝出汁の王様でした!

前回、ハマグリのしゃぶしゃぶをしました。 ↓ ↓ 前回記事はこちら('ω') こんな大きいハマグリが300円もしないのですから、ビックリですね。他の地域だと相場どれくらいなんでしょうか。 ハマグリのしゃぶしゃ...
水産加工

蛤(ハマグリ)のしゃぶしゃぶを作る~出汁が旨い貴重な一品

コロナ禍で需要が減っているのか、はたまた沢山獲れているのか最近ハマグリが安いですね。特大サイズが一個300円を切ることもあり、昔に比べるとビックリする価格です。 今回も大き目のハマグリが1個250円・・・安い(;^ω^)。 今...
水産加工

サメガレイのムニエル(バター焼き)と煮付けを作る

なかなか本業が忙しくタイムリーで更新できておりません。 読者の皆様にはお詫び申し上げます。<m(__)m> さて、前回も取り上げているサメガレイ。 刺身にした以外の部分が余っておりましたので、これ...
水産加工

サメガレイのアラ汁を作る

前回記事から大分時間が経ってしまいましたが、処理したサメガレイのアラ汁を作る記事です。 ↓ ↓ 前回のサメガレイの刺身記事 サメガレイ自体、結構脂っこいので美味しいアラ汁になるかと思います。 今回はどんな味に...
水産加工

サメガレイの刺身を作る~捌き方と作り方

サメガレイって家庭ではまず調理しませんよね。 せいぜい柵になった状態でスーパーの刺身コーナーに売られているものを買うくらいでしょうか。 一尾どのくらいの値段かというと、ここ函館では大体2,000円前後かもしれません。 結...
雑記

自家製梅酒を漬ける

6月になればここ函館の地元スーパーにも梅の実が売られる時期です。 この季節は梅酒を漬けたり梅干を作るシーズンですね。 皆さまのご家庭では年中行事になっていますか? よく居酒屋に行くと自家製梅酒が売っていたりしますよね。「...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました