函館市小安(おやす)の地名由来

小安地名掲示板 地名
小安地名掲示板
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

渡島の亀田半島南沿岸部、旧戸井町に小安(おやす)という地名があります。近くには谷地町川・高屋敷川・小安川が流れており、地名の由来になっているのは小安川だと思われます。

永田方正氏の『北海道蝦夷語地名解』には、オヤ・ウシの項として、

川尻ノ漁塲 小安村の原名

永田方正『初版 北海道蝦夷語地名解 復刻版』(草風館、1984年)176頁

として、伝えています。山田秀三氏は『北海道の地名』の中で、

釜谷の西隣の地名。永田地名解は「オヤ ウシ。川尻の漁場。小安村の原名」と書いた。小安川という小川が流れている処である。

o-ya-ush-i「川尻に(あるいはそこに)・網が・ある・者(川)、あるいは処」であったろう。

山田秀三『北海道の地名』(北海道新聞社、1984年)429頁

と書いてあり永田氏の説を踏襲しています。

スポンサーリンク

o-ya-us-i オ・ヤ・ウㇱ・イでオヤウシとなり、それがオヤスとなったのでしょうか。意味は川尻に(そこに)・網が・いつもある・者(川)です。名詞のya(網)の後ろにusがついているので、usには「沢山ある」あるいは「いつもある」という意味が込められています。山田氏も「ある」とは訳していますが、「いつも」と言う意味が込められていると思います。小川なので網が沢山あるというのもおかしいですしね。(笑)

では、その小安川はどこかというと、高屋敷川と運賀川に挟まれた小安八幡神社前を通る川になります。ほんとに小さい川ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました