大野川(おおのがわ)と有川(ありかわ)の地名由来

大野川の立看板 地名
大野川の立看板
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

戸切地川と久根別川の間に大野川が流れています。現在でも大野川には旧久根別川が流れ込み、河川切替する前の久根別川は直接津軽海峡に流れ込むのではなく大野川に注ぎ込んでいました。大野川は上流に行けば、清流ですが河口付近では写真のように黒い色になっています。久根別川が注ぎ込んでいたのですから当然と言えば当然かもしれません。

大野川河口付近は通称有川と呼ばれている。久根別川は注ぎ込んでいるため黒く濁っている。
大野川河口付近(有川)

ちなみに、大野川河口域には有川(ありかわ)という別の名前があります。むしろ河口近くでよく遊んでいた私などは大野川などという名前より有川という名称のほうが馴染みがあるのです。極端な言い方をすれば、有川に久根別川が注ぎ込んだという言い方をしてもいいくらいです。大野川と有川、旧久根別川・・・なぜ一つの川に三つの名前があるのでしょうか。

スポンサーリンク

有川の謎

とりあえず「有川」を『角川地名大辞典』で検索してみる。

古くは「あるう川」「あるかわ」などとも称した。
渡島地方南部、久根別川・戸切地川・大野川などの河口付近。
地名はアイヌ語のアルㇱペッ(食料多き川の意)に由来し、大量のサケが遡上したことにちなむ(北海道蝦夷語地名解)。
一説には和語という(蝦夷地名考幷里程記)。

『角川地名大辞典』
有川橋の地名掲示板
現在の有川橋

河口付近を有川というのは間違いなさそうです。 また、アイヌ語か和語かというところで大別されますが、やっぱり元々がアイヌ語であったら有川よりも有別川とか地名で残ってほしい感じです。
『蝦夷地名考幷里程記』を詳しくみると戸切地の項で

且、此村内東の方の枝流を有川といふは和語なるべし。即、戸切地川の枝川なり。

『蝦夷地名考幷里程記』

と記されていて、有川は戸切地川の枝川という気になる表現です。 松浦武四郎の『蝦夷日誌』有川村の項には、

大橋 村の中程に在。此川源は大野幷峠の下辺より来るなり。橋長五十七間。当嶋第一の大はし也。(中略)此川、夷言クンベツと云いよし。

『蝦夷日誌』

とあるので、武四郎は大橋の掛かっていた川(有川)を「クンベツ(黒い川)」と理解していたことがわかります。はっきりしていることは西の川は戸切地川(へきりち=白い川)、東の川~すなはち、大野川と久根別川が合流し有川という別名もある川は「くねべつ=黒い川」というアイヌ地名があったことです。前回で記した2つの対比がすっきりと浮かび上がります。問題は旧久根別川と大野川の合流域より川上の大野川の部分がなんと呼ばれていたのか、残念ながら今のところこれといった答えはありません。ただ、大野川自体が河川移動して今の状態になったという説もあり、もっと上流で久根別川と合流していたので現在までアイヌ地名が残っていないのではないかという考えもあります。

スポンサーリンク

ちなみに、有川が和語ではなくアイヌ語が語源としたなら、ハルウㇱペッ(haru- us- pet)→冒頭の「h」は訛りで欠落したでしょうか、後半は同じ種類の母音が連なったため「u」が一つ欠落し、アルㇱペッ (aruspet)と解されたのでしょう。同様の地名は旭川に春志内(はるしない =harusnay) がありちょうど神居古潭の交差点を越えて旭川方面に向かったところにあるトンネル名にもなっています。また静内の東部には春立という地名がありハルタウシナイ =haru-ta-us-nay(食料を・掘る・いつもする・沢) という語源のようで同じような地名は道内に沢山あるようです。 辞典にあるようにアイヌ語を意訳してサケやアイヌ葱(キトビロ)などの食料が多くある「有川」であったなら、サケは清流を好むので戸切地川の方に遡上するし、そちらの方がアルㇱペッにしっくりきます。だから久根別川の注ぎ込む方のみをアイヌ語の意訳で有川というのは相応しくないのではないか、そう思うのです。

そんなこと考えながら昔の明治の地図をぱらぱらめくと、なんか戸切地・久根別・大野川の3つの川が河口で一緒なってるんですけどw  いつの時代から合流したのかわかりませんが、上原熊次郎が 『蝦夷地名考幷里程記』の中で戸切地川の枝川としたのも納得です。となると熊次郎は大野川を有川と理解していたと考えられます。しかし現在では大野川上流まで有川とはいいません。結論的に、「有川」はかつて戸切地川に注ぎ込み久根別川が合流する辺りまでを言ったと考えられますが、結局「有川」の語源としてはアイヌ語か和語か断定は難しそうです。

タイトルとURLをコピーしました