シリパ岬の地名由来

シリパ岬 地名
シリパ岬
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

つい先日、余市まで行く機会がありました。行きつけの魚屋がオープンするまで時間を持て余していたので周辺を散策していました。余市から積丹方面へ向かい、余市漁港の方まで行ってみるとシリパ岬がありました。あらためて見ると美しいなあと思ってしまいましたので写真を撮って紹介します。

シリパ岬の地名は当然アイヌ語で、sir-pa シㇽ・パで岬を意味します。知里氏の『地名アイヌ語小辞典』から引用すると、

(前略)sirは山、paは頭、原義は「海中につき出ている山の頭」である。(後略)

知里真志保『地名アイヌ語小辞典』(北海道出版企画センター 1956年)123-124頁
余市港からみたシリパ岬
余市港からみたシリパ岬

余市港から眼前に見るシリパ岬は、なんとなく頭かなあ・・・くらいですが、これが遠景になってくると、

シリパ岬中景
シリパ岬中景
シリパ岬遠景
シリパ岬遠景

近くではそれほど感じなかったのに、遠くに行くほど頭っぽく見えてきます。その姿は正にジャイアントヘッド!大地の頭ですね。夕日が落ちるときはサンセットダイヤモンドヘッドと呼ばれているようです。遠景から見ると、ほんと海中に突き出た頭という感じがします。

↓↓↓ブログランキング参加中です~お帰りの際は押して頂けると更新の励みになりますので、是非クリックよろしくお願いします。m(__)m
地名
スポンサーリンク
Hakodate lifeの記事をシェアしよう
@函館生活をフォローする
Hakodate Life
タイトルとURLをコピーしました