スポンサーリンク
雑記

クルーズ船 飛鳥Ⅱ

函館の港町埠頭にクルーズ船「飛鳥Ⅱ」が停泊しておりました。 飛鳥Ⅱの船尾 港町埠頭には度々クルーズ船が停泊しますが、日本の飛鳥Ⅱは個人的に乗ってみたい客船ナンバー1です。是非死ぬまでには一度乗船したいものです。 客船内の...
地名

上磯(かみいそ)地名由来の謎③~青森県上磯と上磯地名由来の正体

前回、松浦武四郎の『蝦夷地道名國名郡名之儀申上候書付』から武四郎が名付けた「上磯」という地名は和語の可能性が高いこと、しかも奏上する側、される側にとって一般的な名称であった可能性を指摘しました。では、「上磯」という...
地名

上磯(かみいそ)地名由来の謎②~松浦武四郎の『蝦夷地道名國名郡名之儀申上候書付』

前回の記事で上磯村のおこりと地名由来の謎をご紹介しました。時間が出来たので、その続きを紹介していきたいと思います。 渡島国7郡と上磯村の成立 戊辰戦争が五稜郭の戦いで終結し、明治政府は蝦夷地を本格的に統...
スポンサーリンク
雑記

アニメ『彼方のアストラ』

2019年の夏アニメで放送された『彼方のアストラ』。高校生たちが研修を兼ねて宇宙キャンプすなわち、異星へキャンプする話なのですが、それほど注目もせず全く見ていませんでした。 9月に入ってなにか面白いアニメは無いか?と探していたら、た...
雑記

ながまれ号が通る

新幹線開通に伴い、JR江差線の函館~木古内間の運営は第三セクターの道南いさりび鉄道に経営が引き継がれました。その函館~木古内間を通る列車が「ながまれ号」です。最近、ニュースなどで特集も組まれて、よくテレビで見かけることも多くなりました。観...
地名

母衣月山(ほろつきやま)の地名由来

夏休み親戚の集まりで寿都浜中野営場にて、2泊3日のキャンプを行ってきました。 浜中野営場は無料で利用できるため、この日も多くのキャンパーで賑わっていました。水道、トイレも完備しており、これを無料で使えるのは大変助かります。眼...
水産加工

イカの塩辛を作る~赤造りの作り方

夏の函館と言えば、イカ刺しですが近年不良すぎて、なかなか地元民の口も入りづらくなってきています。例年なら8月後半からイカも厚みが増し、大きくなり一夜干しや塩辛に適してくるのですが、何せ今年は1杯200~400円と高額でイカの塩辛を作るどこ...
水産加工

イクラ醤油漬けを作る

暦の上で秋がやって来ました。いよいよ秋鮭のシーズン到来です。秋鮭といえば、当然イクラの醤油漬けを仕込む季節ですので、今回はイクラ醤油漬けを作っていきます。 下準備~塩水を作る まずボールなどに塩水を作っていきます。それほど濃度...
水産加工

カガミダイを調理する

レストランでも市場でも高いお金を払えばそれなりのものを食べさせてくれますが、安いお金で高級品あるいはグルメ品をと言っても無理があります。出来ることは自分で仕入れて仕上げる・・・それに尽きます。さて、今回は220円で買った活きのよいカガミダ...
地名

矢越八幡宮と矢越岬

津軽海峡を挟んで二つの矢越が存在します。一方は道南福島と知内の境目、もう一方は下北半島の佐井にある矢越です。まるで双子のような矢越には、伝説や地名に多くの共通点がありました。 矢越岬の地名 前回、矢越岬の地名由...
地名

矢越岬(やごしみさき)の地名由来

知内町の小谷石へ向かっていくと矢越岬が見えてきます。小谷石の行き止まりの山のさらにその向こうに見える島のような山が矢越岬になります。 小谷石方面に向かう途中矢越岬が見える 今は観光名所としてクルーズ船がでており、矢越岬...
ミュージアム

北海道博物館第五回特別展「アイヌ語地名と北海道」に行きました

以前ご紹介した北海道博物館第五回特別展「アイヌ語地名と北海道」に行ってきました。前期と後期で展示物が入れ替わりますので、早めに行こうと思っていたのですが、なかなか機会がありませんでした。なんとか前期展示に間に合いました。一般の方で特別展の...
ミュージアム

北海道百年記念塔

週末を利用してようやく北海道博物館にいってきました。メインは博物館でのアイヌ語地名に関する特別展ですが、そのついでに北海道百年記念塔も間近で見てくることができました。野幌森林公園にある約100mの記念塔です。1968年に北海道開道100年...
観光名所

小谷石展望台

イカリカイ駐車公園を少し小谷石方面へ向かうと右側に小谷石展望台の案内が見えます。 小谷石展望台案内 民家の横にひっそりと建っていますので、見落としてしまいそうです。イカリカイ駐車公園に車を停めて歩いて向かうのがいいでしょう。...
地名

江差町五勝手(ごかって)の地名由来

 道南のお土産の定番に『五勝手屋羊羹』というものがあります。赤い細長い筒状の棒の中に入っていてその羊羹を底から押し出しながら押し出した分を先端についてある糸で巻いて切って食べるという代物です。羊羹の美味しさもさることながら、ちょっと出して...
地名

『北海道蝦夷語地名解』を歩く~檜山郡の地名④

『北海道蝦夷語地名解』檜山郡の最終章です。やはり、檜山郡の地名は整然と並んでいないのでなかなか比定するのが困難でした。そんな中でもこの辺かな?(笑)と思うところを訪れながら、『永田地名解』に記されたアイヌ語地名を探索してみました。 ...
地名

厚沢部町太鼓山(たいこやま)の地名由来

厚沢部川の横、函館から厚沢部方面へ行くと厚沢部町の中心部右手に太鼓山を見ることができます。 太鼓山とは 太鼓山地名由来掲示板 太鼓山にある地名掲示板の由来をそのまま引用してみましょう。 太鼓山は、頂上で足踏みすると...
地名

上ノ国町洲根子岬(すねこみさき)の地名由来

檜山地方の上ノ国にある岬の名前です。『北海道蝦夷語地名解』には、 「ス子コ」崎或ハ「シ子コ」崎ト云フハ訛ナリ「シレンコロ」ハ「シリエンコロ」ノ急言ニシテ直譯スレバ山額ナリ「レ」ヲ「子」ニ轉音スルハ和人及ヒ朝鮮人ノ常ナリ舊地名解ニ「シ...
神社

上ノ國八幡宮

上ノ國八幡宮は北海道で最も旧く歴史ある神社の一つです。松前藩の武田氏(松前氏)にゆかりのある神社で、この神社のもっと上の山上には勝山館があります。 神社から海を望む 北海道では旧く本殿は1699年の建立と伝えられます。 ...
名字

歩仁内(ぶにない)の名字由来

先日タクシーに乗ったら歩仁内さんという運転手さんに出会いました(また、タクシーかw)。思わず、何て読むんですか?と尋ねると「ぶにない」と答えて下さる。 続けて、東北の方ですか?と尋ねると、「おやじに聞いたんだけど、秋田の出身らしんだ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました