ムール貝(イガイ・カラスガイ)で酒蒸しを作る~まさかの結果が!

ムール貝(イガイ) 水産加工
ムール貝(イガイ)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
↓↓↓他にも水産加工が一杯!ブログ村のテーマはこちら

洋食でよく使われるムール貝、パスタやパエリアなどの具材としてお馴染みですが、輸入されるムール貝は日本でムラサキイガイと言います。逆に日本で獲れるムール貝と言われる貝はイガイと呼ばれるものです。

筆者の地元ではカラスガイと言って岩に引っ付いていたり、海中に転がっているのを割って中身を取り出しカワハギを釣るための餌にしていました。でも、本来カラスガイと呼ばれるのは、淡水系の二枚貝のことを指します。

イガイを地元ではカラスガイと呼ぶ
イガイを地元ではカラスガイと呼ぶ

外見が黒いところが似ているのでいつの間にか混同されたのかもしれません。

余談ですが、淡水系の二枚貝であるカラスガイはアイヌ語でpipa(ピパ)といいます。北海道内では地名に多く残っていて美唄・pipa-(o)-i や美馬牛・pipa-us-i などがそうです。いずれもアイヌの食料となるカラスガイが多くいる川や湖沼を指し示す地名です。

さて、筆者が言うカラスガイは季節によって貝毒もあると祖父が言っていました。売れないからでしょう、漁師さんは見向きもしない貝でした。そんな貝をよく祖父が採ってきて茹でて食べていたのを記憶しています。そんなわけで筆者には買って食べるという選択肢が今までありませんでした。(笑)

それが洋食の影響でムール貝が一般的になると、市場でも販売されるようになりました。青森産のイガイが中島廉売でも売っていてちょっと気になっていました。

今回、産まれて初めて購入して試しに調理してみようと思います。店員さんに聞くと酒蒸しとかいいですよとおすすめされたので素直に酒蒸しにしてみます。

スポンサーリンク

水洗いをする

買ってきたイガイを貝殻をこすり合わせるようにして洗います。余計なゴミなどはこの時点で出来るだけ処理します。

水洗いする
水洗いする
スポンサーリンク

蓋つきの鍋に入れて蒸す

蓋のある鍋にイガイを入れて酒を下に浸るほど入れて蒸していきます。酒の種類はお好みでどうぞ。

蒸している間に吹きこぼれないように火を調節してください。貝が開いたらOKです。

鍋の中に酒を浸す
鍋の中に酒を浸す
蓋を閉めて蒸す
貝が開いたのでOK
貝が開いたのでOK
スポンサーリンク

ムール貝(イガイ)の酒蒸しの完成

鍋から取り出し酒蒸しが完成しました。

実食段階でまさかの大失敗を犯したことに気が付きます。(;゚Д゚)

口が開いてからしばらくの間、火にかけすぎたため身が縮んでしまいました。(涙)

こいつは牡蠣のように蒸し時間にデリケートな食材だったのですね・・・やってしまった。

じゃあ、スープの方はどうでしょうか・・・結構塩辛い( ;∀;)

筆者の未熟さかもしれませんが、もしかしたらこいつは酒蒸しにはしないほうがいいやつだったのかもしれません。(苦笑)

これで1個100円かあ・・・めっちゃ損した気分になりましたが、

食材に罪なし、調理法に問題があったと思っておきましょう。(‘ω’)

ムール貝(イガイ)の酒蒸し
ムール貝(イガイ)の酒蒸し
身が縮んでいまった( ;∀;)
身が縮んでいまった( ;∀;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました