スポンサーリンク
地名

江差町の地名由来

江差町は檜山地方南部の町名ですが、その由来については諸説あります。『角川地名大辞典』から引用していくと、 地名の由来は、アイヌ語で「尖く出た崎」という意のエシャシによる説(蝦夷地名考幷里程記)、昆布を意味するエサシによる説(北海道蝦...
水産加工

このわた(海鼠腸)の塩辛を作る

知り合いの海鼠(なまこ)を加工しているところでは、捌いたあとの内臓を捨てるそうです。それを聞いてもったいないと思ったので、捨てられようとする「このわた(海鼠腸)」をいただきました。これを使って酒のつまみに塩辛を作っていきます。そもそも何故...
地名

江差町の地名を歩く

『北海道蝦夷語地名解』を歩くを企画して檜山郡を旅しています。旅の途中、江差の町を散策すると面白い地名が沢山あります。その地名をスルーするのは勿体無いので今回『北海道蝦夷語地名解』には書かれていない地名について考えていきたいと思います。 ...
スポンサーリンク
水産加工

ワタリガニのグラタンを作る

前回、ワタリガニを茹でるでワタリガニの内子の詰まったシズル感を表現できなかったので、再度ワタリガニを美味しくいただこうと思います。ただ茹でるだけでは前回と変わらないので、今回はワタリガニのグラタンにチャレンジしたいと思います。茹でるまでの...
水産加工

水草カレイ(ムシガレイ)の刺身を作る~一番美味しい食べ方

水草カレイまたの名をムシガレイと呼ばれています。ムシガレイは魚体にある斑紋が虫に食われたようだとか言われるためのようです。裏面透き通っているからか、病人でも癖なく食べられるからかわかりませんが、うちの爺さんは「病人ガレイ」と呼んでいました...
水産加工

当別カジカ(ケムシカジカ)の刺身とカジカ汁を作る~美味しい食べ方

道南では通称当別カジカと呼ばれるこの魚、皮を剥くので「皮むきカジカ」とも言うようです。当別の名前は「当別」で水揚げが多いことに由来します。 抱卵する秋口から冬にかけてが最も美味しいと言われている旬の時期になります。 しかし、この春先の当別...
水産加工

ホッケの開きを作る

活きのいいホッケが手に入りましたので、開いて一夜干しにしたいと思います。近頃はホッケも高級魚の仲間入りをして以前のように安く食べることが難しくなりました。当然、ホッケの開きで型のいいものは千円以上しますので、なかなか食卓に並ぶことも少なく...
水産加工

ドンコ(エゾイソアイナメ)のなめろうを作る

道外の方ならあまり馴染みがないかもしれませんが、道南では釣りをしていると結構頻繁に釣れてくる魚であります。今回、築港での釣りにてマコガレイと一緒に10匹ほど釣れちゃいました。 私の幼い頃は釣れてもリリースまたは捨ててくるくらい人気のない魚...
水産加工

マコガレイの刺身を作る

近くの築港でマコガレイが釣れました。まさか30cmオーバーが釣れるとは思っていなかったのでびっくりしました。今回は大きさも厚みも素晴らしいので刺身にしました。まず鱗をとって5枚あるいは3枚卸にしていきましょう。ウロコは梳き引きで落とすのが...
地名

小谷石(こたにいし)の地名由来

小谷石は知内町内にある字名になります。『角川地名大辞典』によると、 小田西・小タニ・コタニシ・コタニチなどとも書いた。渡島地方南部、東は津軽海峡に面する。地名はアイヌ語のコタヌシ(村里の意)が転訛したという説(北海道蝦夷語地名解)、...
水産加工

ワタリガニを茹でる

今の季節はワタリガニが旬です。特にメスのワタリガニには内子が入り非常に美味です。今日は会社帰りにスーパーでワタリガニを2杯ゲットして来ました。その価格は2杯で約450円です。当然2杯ともメスなのでこれを茹でて酒のつまみとします。 も...
寺院

禅燈寺

いかりん館の見学を終えたあと、すぐ隣にある禅燈寺へ足を運びました。江差線が健在であったころは、その境内の中を電車が通っていくという変わった光景が見られるお寺でした。 禅燈寺仁王門 禅燈寺はこの地に入植した旧庄内藩士らが故郷の山...
ミュージアム

いかりん館(木古内町郷土資料館)

『北海道蝦夷語地名解』を歩く途中、木古内町郷土資料館、通称「いかりん館」へ立ち寄りました。この資料館は当地にあった鶴岡小学校の校舎として建築されました。近年の少子化にともない平成23年に閉校となりましたが、平成27年に郷土資料館として開館...
道の駅

道の駅 みそぎの郷 きこない

『北海道蝦夷語地名解』を歩く途中、道の駅きこないへ立ち寄りました。正面にいるゆるキャラは「キーコ」ではこだて和牛をモチーフにデザイナーの山本寛斎氏が代表の「寛斎スーパースタジオ」と木古内町が協働して生まれたそうです。 女だけの相撲大...
地名

『北海道蝦夷語地名解』を歩く~上磯郡の地名③

いよいよ『北海道蝦夷語地名解』を歩く上磯郡最終章です。ここまでお付き合いいただきありがとうございます。さあ、あともう少し道南地名の旅を続けましょう。 Shirattukari シラット゚カリ 岩磯の此方 札苅地...
道の駅

道の駅 つど~る・プラザ・さわら

10連休のスタートに道の駅つど~る・プラザ・さわらに行ってきました。この道の駅はトイレもあり車中泊の車やキャンピングカーがよく止まっています。GWの始まりとあって非常に賑わっていました。正直普段はこんなに人いません(笑)。と言っても魅力が...
ミュージアム

THE DANSHAKU LOUNGE

4月25日に峠下にオープンした「THE DANSHAKU LOUNGE」に行ってきました。あいにくの雨でしたが、GW10連休初日だったので多くの人が訪れておりました。正面から入場すると早速日本初の自家用ロコモビル蒸気自動車がお出迎えです。...
水産加工

本マス(サクラマス)のとばを作る

小さめの本マスが6本、千円で手に入ったので、酒のつまみに「とば」を作ることにしました。とばと言っても、塩水に浸した素干しというものになります。 まず、鱗をとりましょう。包丁やウロコとりあるいはタワシでこするのもいいかもしれません。そ...
水産加工

マトウダイの刺身を作る

安く、美味しいをモットーに今日も水産加工をします。今回は活きのいいマトウダイがなんと100円で手に入りましたので、刺身にしちゃいました。正直干物にしようかとも迷いましたが活きがいいので刺身で行きます。 マトウダイ・・・なんでも的のよ...
地名

サラキ岬

『永田地名解』を歩く途中、サラキ岬へ立ち寄りました。サラキ岬は伊能図にも「サラキ」と示されており、おそらくアイヌ語のsar-ki サㇽ・キ(湿原あるいはやぶ、しげみ・稈)で茅のある茂みだったのでしょう。ここは咸臨丸とチューリップで有名なと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました