カワガレイ(ヌマガレイ)の刺身を作る

カワガレイ写真 水産加工
カワガレイまたの名をヌマガレイとも
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
↓↓↓他にも水産加工が一杯!ブログ村のテーマはこちら

近くの魚屋でカワガレイが売っていたので買ってしまいました。ヌマガレイとも言います。むしろヌマガレイの方が正式名称かもしれません。あまり市場にも出回ることも少なく釣り人からもあまり人気がないため、意外と安価で手に入るカレイです。買って家に持ち帰ってもまだピチピチと生きていましたので直ぐに活締めにして刺身にすることにしました。こいつはカレイという名前がありながら、目はヒラメと同じ左側にあります。

カワガレイを5枚卸に

3枚卸でもいいですが、今回は5枚卸で骨と4つの部位にわかれました。身も意外に締まっていて捌き易い部類かもしれません。

5枚卸
5枚卸が終わり柵に

5枚卸に捌いてみるとイシガレイのようにも見えますが、カワガレイです。

カワガレイの刺身
お刺身完成

そして薄造りにして食卓に。お味の方はというとイシガレイより癖もなく、脂ものっていて歯ごたえもありなかなか美味でした。今回はこれで100円で買ってきましたので、なんかコストパフォーマンスが高いと感じてしまいます。人気の無い魚は個人的にお得感たっぷりです。河口付近や川で釣れますが、釣れる場所によって臭いがありますのでおおむね海で釣れたものがいいかもしれません。活魚がありましたらお刺身で食べてみて下さい。

※魚にはアニサキス等もおりますので十分注意して下さい。

タイトルとURLをコピーしました