もずく酢を作る~あなどれない食材もずくの力

石垣島産もずく 水産加工
石垣島産もずく
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
↓↓↓他にも水産加工が一杯!ブログ村のテーマはこちら

近くのスーパーで先日沖縄フェアが開催されていました。

沖縄はいいですよね~筆者も2度ほど行ったことがありますが、食べ物が美味しいです。また、気候のせいか土地の人柄のせいなのか、何となく時間の流れがゆっくりと感じます。

北海道フェアが各地で人気らしいですが、地元函館では結構な頻度で沖縄フェアを見かけます。

沖縄フェアも人気があるのかもしれませんね。

そんな筆者も何となく吸い寄せられて沖縄フェアのブースへ。酒のつまみに海ブドウやチラガーとか食べたいなあ・・・と思っていたら、石垣島産のもずくに目がとまりました。

280gでに250円くらいだったかな・・・ちょっと値段忘れました。

パッケージには「洗わずにお好みの味付けで」と書かれています。その「洗わずに」というフレーズにちょっとお手軽さを感じてしまいご購入です。(笑)

早速、もずく酢にして頂きましょう。

スポンサーリンク

三杯酢を作る

まず、三杯酢を作ります。普通の三杯酢は酢と醤油とみりんを1:1:1で混ぜ合わせます。言葉通り一杯ずつ混ぜて三杯酢ですね。みりんは予め火にかけてアルコールを飛ばしておき、冷めてから混ぜ合わせます。

甘目にしたいなら、少しみりんを多くしたり砂糖に置き換えたりします。

結構、ご家庭や料理でお好みの味が違います。それぞれの分量を調整してみて下さい。

ちなみに筆者の家庭ではみりんではなく、砂糖を用いることが多いですね。

スポンサーリンク

キュウリをスライスする

もずくだけでもいいのですが、相性の良いキュウリをスライスして加えましょう。入れる量はお好みで良いです。半分でも1本でも構いません。

食感もいいですし、かさましにもなります。(笑)

さっと水に浸けておいて、混ぜるときにしっかりと水を切ります。

キュウリをスライス
キュウリをスライス
スポンサーリンク

もずくとキュウリと三杯酢を合わせる

最後に、この3つの材料を合わせて完成です。

洗わずに使えると書いてましたので、その言葉通りそのまま混ぜました。通常は洗ったり塩抜きが必要な塩蔵品が多いのでかなり楽ちんです。

この大皿のまま食卓に出してもいいですし、小鉢に人数分小分けにしてもいいですね。コロナ禍ですので小鉢で提供しましょうか・・・。

う~んお手軽ですね。超時短料理です。

もずく酢の完成

お手軽だけど本格的なもずく酢が完成しました。あまりに時短すぎて記事にしなくてもいいのではないかとも思いましたが、記事にしたのはここから先をお伝えしたいから・・・。

もずく酢のサッパリ感が健康に良さそうですが、実際もずくにはぬめり成分の食物繊維であるフコイダンやアルギン酸と豊富なミネラルが含まれているそうです。

フコイダンにはコレステロール値を下げたり、糖の吸収を抑えたりする効果が、またアルギン酸は高血圧や動脈硬化予防効果が期待できるらしいです。

しかも、100g当たりのカロリーが6kcal!これはメタボ中年のオッサンの強い味方です。酒のつまみを摂りながらダイエットできる・・・こんなにお手軽なのに最強食材であることを力説させて頂きました。(*´ω`)

筆者早速もずくダイエットにチャレンジしてみます。(笑)

健康に良いもずく酢
健康に良いもずく酢

↓ ↓ 他にも健康によい酢の物があります。(‘ω’)

タイトルとURLをコピーしました