北海道蝦夷語地名解

スポンサーリンク
書籍

永田方正『初版 北海道蝦夷語地名解 復刻版』(草風館、1984年)

北海道のアイヌ語地名を調べるなら、やはりこの本は避けては通れません。当サイトでも『北海道蝦夷語地名解』を開きながら道南地名の旅をしていますが、それも永田氏が明治の昔にこの本を纏めていたおかげというわけです。 通称『永田地名解』と呼ば...
地名

『北海道蝦夷語地名解』を歩く~檜山郡の地名④

『北海道蝦夷語地名解』檜山郡の最終章です。やはり、檜山郡の地名は整然と並んでいないのでなかなか比定するのが困難でした。そんな中でもこの辺かな?(笑)と思うところを訪れながら、『永田地名解』に記されたアイヌ語地名を探索してみました。 ...
地名

上ノ国町洲根子岬(すねこみさき)の地名由来

檜山地方の上ノ国にある岬の名前です。『北海道蝦夷語地名解』には、 「ス子コ」崎或ハ「シ子コ」崎ト云フハ訛ナリ「シレンコロ」ハ「シリエンコロ」ノ急言ニシテ直譯スレバ山額ナリ「レ」ヲ「子」ニ轉音スルハ和人及ヒ朝鮮人ノ常ナリ舊地名解ニ「シ...
地名

『北海道蝦夷語地名解』を歩く~檜山郡の地名③

檜山郡の三回目になりました。いよいよ内陸部から日本海に抜けて南下してくるのですが、まずまず今回は大きく順番が狂うこともなさそうです。手がかりも多いのでそれだろうと概ね特定も可能でした。 Hacham ハチヤㇺ ペッ 櫻...
地名

厚沢部町鶉(うずら)の地名由来~ウッナイを探して

『北海道蝦夷語地名解』檜山郡のところに記載ある「ウッナイ」、カムイウシとアンルルの間に記載がありましたので、その周辺なら厚沢部町の中心部近くだと思って探してみました。すんなり探せると思いきや・・・。 ウッナイとは ウッナイは知...
地名

『北海道蝦夷語地名解』を歩く~檜山郡の地名①

『北海道蝦夷語地名解』(通称『永田地名解』)を歩くの二回目檜山郡ですが、上磯郡に比べて非常に大変でした。何が大変かというと始まりは「ピッウシ」いう江差から南に位置する石崎からスタートし、次はいきなり北側の江差、しばらく内陸部が続いたかと思...
地名

『北海道蝦夷語地名解』を歩く~上磯郡の地名③

いよいよ『北海道蝦夷語地名解』を歩く上磯郡最終章です。ここまでお付き合いいただきありがとうございます。さあ、あともう少し道南地名の旅を続けましょう。 Shirattukari シラット゚カリ 岩磯の此方 札苅地...
地名

『北海道蝦夷語地名解』を歩く~上磯郡の地名②

前回記事をご覧になってない方は下記をどうぞ。 『北海道蝦夷語地名解』を歩く~上磯郡の小旅行も中盤となりました。ゴールの「ハキチャニ」まではまだ遠いですが、よろしければこのままお付き合い下さい。 To pet...
地名

『北海道蝦夷語地名解』を歩く~上磯郡の地名①

永田方正氏の『北海道蝦夷語地名解』(通称『永田地名解』以下同)に記された地名を小旅行してみました。『永田地名解』では松前方面から記されていますが、今回は函館方面から訪れましたのでその順番に記していきます。見出しに記された地名は『永田地名解...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました