アラ汁

スポンサーリンク
水産加工

大きいヒラメを捌いて料理する②~銀餡つみれとアラ汁を作る

↓ ↓ さて、前回釣り師Iさんから頂いた超大きいヒラメを調理しました。 非常に大きいヒラメで刺身にしてもカルパッチョにしても、とても食べきれるものではありません。 残りはどうやって調理したのか? 実は捌く前か...
水産加工

アマダイ(甘鯛、グジ、アカアマダイ)のアラ汁を作る

↓ ↓ 前回、アマダイを刺身や昆布締めにしました。 身は柔らかいですが、非常に美味しいお魚です。('ω') 刺身を作った後のアラは、いつものように汁物にしていきます。やっぱり赤い色の魚はいい出汁がでますので、めんど...
水産加工

サメガレイのアラ汁を作る

前回記事から大分時間が経ってしまいましたが、処理したサメガレイのアラ汁を作る記事です。 ↓ ↓ 前回のサメガレイの刺身記事 サメガレイ自体、結構脂っこいので美味しいアラ汁になるかと思います。 今回はどんな味に...
水産加工

カワハギ(ウマヅラハギ・チュンチュン)のアラ汁を作る

前回、ウマヅラハギでお刺身を作りました。肝醬油で非常に美味しかったです。 捌いたときの肝があまりに大きかったので、肝醤油で余ってしまいました。 湯引きしてポン酢などで食べようとも思いましたが、アラ汁を作ってその中に...
水産加工

ゲンゲ(シロゲンゲ・幻魚)のアラ汁を作る

↓ ↓ 前回、シロゲンゲを唐揚げにしました。 コストパフォーマンスが高く美味しいこの魚は本当に見た目で損していますね。 毎度のことではありますけれど、今回も残ったアラを美味しくアラ汁にしていきたいと思います。 ...
水産加工

エゾメバル(ガヤ)を刺身とアラ汁にする~寄生虫や捌き方

エゾメバル(蝦夷目張)というお魚がいます。ここ道南ではガヤという言い方が一般的です。「ガヤ」の語源は、ガヤガヤするくらい沢山とれたり居たりするからとも言われていますが、真偽のほどはわかりません。 道南での呼び名はガヤが一般的ですので...
水産加工

赤ガレイのアラ汁を作る

↓ ↓ 赤ガレイをお刺身や唐揚げにしました。美味しいですね。 いつものように残ったアラをアラ汁にしていきます。 カレイ類のアラもここまで大きいと出汁も出ますので使い勝手がいいですね。 お湯をかけて...
水産加工

ババガレイ(母母鰈・婆鰈・ナメタガレイ)のアラ汁を作る

↓ ↓ 大きいババガレイを捌いてややしばらく色々な料理をしました。 切り身を使った料理も大体やり尽くしたところで、最後はやっぱりアラ汁です。 内臓とかアラとか勿体ないですよね。内臓は寄生虫にかなり蝕まれていましたの...
水産加工

アイナメ(鮎並、アブラコ、油子)の美味しい食べ方⑥~アラ汁(お吸い物)を作る

↓ ↓釣り師Iさんから頂いたアイナメを捌いて色々な料理にしてきました。 よくもまあ、アイナメ一匹で一週間もネタにしたものです。そろそろ読者から真面目にやれとお叱りの声が上がりそうなので、最後にお吸い物系のアラ汁を作っ...
水産加工

スケソウダラ(助惣鱈)で棒鱈を作る~ホイル焼きとアラ汁もどうぞ

知り合いからスケソウダラを発砲スチロールで頂きました。 10尾ほどの活きの良いスケソウが入っています。スケソウって昔は安かったのですが、今はあんまり獲れなくなり、値段も1本300円くらいが普通になりました。昔は50円もしなかったと思...
水産加工

じゃっぱ汁(アラ汁)を作る~真鱈(マダラ)の頭で作る美味しい一品

冬になって本格的にマダラのシーズン到来です。 マダラの旬は冬と呼ばれていますが、実は夏のマダラも白子や真子に栄養が取られない分、身が締まって美味しいです。しかも安いのでお刺身なんかは夏の方がお得に、かつ美味しく食べることができるかも...
水産加工

クロソイ(黒ソイ)料理~美味しい食べ方5選

先日、近くのスーパーで活きの良い大きいクロソイが売っていました。初夏のこの季節は大きいクロソイが安く販売されていますね。 今回見つけたクロソイはこの大きさでなんと880円! 確かに良く獲れる季節とはいえ、ビックリな価格です。こ...
水産加工

ムシガレイ(水草カレイ)の美味しい食べ方4選~コスパも最高!

釣り師Iさんからまた美味しいそうな魚を頂きました。今回の魚はムシガレイ(水草カレイ)です。30cmは軽く超える1枚と普通サイズが1枚です。 なかなか良いサイズをもらいましたので、美味しい食べ方を追求してみたいと思います。大きい方と普...
水産加工

平目(ヒラメ)のアラでお吸い物を作る

前回お刺身を作りました。大きいものの他にバカでかいのが陰で刺身になりましたが、当然アラが残ります。生まれついての貧乏性としては、捨てるのが勿体ないのでこれをアラ汁やお吸い物にします。このアラ汁とお吸い物を分けるラインを今イチ自分でも線引き...
水産加工

黒ソイ(クロソイ)の刺身とアラ汁を作る~寄生虫に注意しよう!

また知り合いの釣り師から釣りたて新鮮なお魚・・・今回は大きい黒ソイを頂きました。よっしゃということで頂いた黒ソイを捌いて刺身にしていきます。手元に届いたときにはまだ活きていましたよ。('ω') 黒ソイは何と言っても、大きければ大きいほど脂...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました