鮭の飯寿司を作る③~漁師家系の我が家のレシピ~収穫編

ひっくり返した飯寿司樽水産加工
ひっくり返した飯寿司樽
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
↓↓↓他にも水産加工が一杯!ブログ村のテーマはこちら

前回記事は11月に書いた漬け込み編です。記事を書いた日と実際に作業した日は違いますので、漬け込んだ日から約41日、若干早いですがやっぱり正月に食べようということで、飯寿司を収穫していきます。

あくまで北海道の函館の気温での作り方ですので、函館より暖かい地方の方は気を付けて下さいね。

スポンサーリンク

飯寿司樽に載せた重石をはずす

まずは樽の上に載せておいた重石を外します。

順調に漬かっていれば、ツンとした酢の匂いがします。もしこれが腐ったチーズのようなにおいだったら、ボツリヌス菌が繁殖して失敗している可能性がありますので注意して下さい。速攻捨てましょう!

重石を外して蓋を開けると飯寿司の漬物袋が出てきます。飯寿司樽の大きさに対して漬物袋4斗の大きいものを使っていましたので、袋の余分な部分を切ってひっくり返したときに水が切れやすいようにします。

外した重石を土台に
外した重石を土台に
スポンサーリンク

樽をひっくり返す

外した重石を土台にして飯寿司樽をひっくり返しのせます。

余分な漬物袋のビニールを取り除くことによって、水分が落ちやすくしました。

ビニールを短くして落し蓋をのせる
ビニールを短くして落し蓋をのせる
落し蓋をしたままひっくり返して土台の石の上に置く
落し蓋をしたままひっくり返して土台の石の上に置く
スポンサーリンク

また重石をのせる

その上にまた重石をのせます。

直接木樽におくと壊れる可能性がありましたので、二本の板木をのせた上に重石をしました。うちの木樽には丁度この石臼が重石にピッタリなんですよね。

この状態で半日もすればある程度水気が抜けますので、午前中に水抜きすれば夕方には食べられます。

水の抜け方にもよりますが、重石をしておくのは大体3日間程度で、あとは重石を外してひっくり返した状態で保存しておきます。食べたいときに樽を元に戻して、飯寿司を取り出しまたひっくり返しておきます。10日間くらいして飯寿司もある程度減ってきたら、あとは全部収穫してパック詰めして冷凍庫に保管しておきます。

樽を返して重石をのせて水を抜く
樽を返して重石をのせて水を抜く

同じように別の樽も見ていきます。

樽の中には水が沸いている。まずは重石を取り除く
樽の中には水が沸いている。まずは重石を取り除く
余分な漬物袋を切っておく
余分な漬物袋を切っておく
スポンサーリンク
重石を土台にしてひっくり返し重石をのせる
重石を土台にしてひっくり返し重石をのせる

このプラスチック樽の方は予想以上に飯寿司が圧縮されたため、樽の下に隠れて見えませんが、土台の重石を二段重ねにしました。そうしないと飯寿司が樽から落ちてきてしまうからです。もう少し底の浅い樽を使うべきでした。

鮭の飯寿司の収穫

さあ、ひっくり返した樽からある程度水分が抜けたら、樽から飯寿司を収穫します。

今年の函館は寒い!函館以外の地域も水道が凍るなど被害が出ていますので、全道的に凍れております。む、そういえば、「凍れる(しばれる)」も北海道弁かな。(笑)

「凍れる(しばれる)」は凍るような甚だしい寒さの時に使います。

ゆえに、今年の飯寿司の収穫は凍っていてなかなか取り出せません。半分引きちぎるくらいで鮭と野菜を取り出していきました。ほんとガッチガチです。

凍った飯寿司樽
凍った飯寿司樽
スポンサーリンク

鮭の飯寿司の完成

鮭の飯寿司の完成
鮭の飯寿司の完成

一か月以上の手間暇をかけて鮭の飯寿司の完成です。

今回、二つの樽で漬けてみました。二つの樽で鮭や麹の種類、野菜の切り方を変えております。

上の写真、左側がプラ樽で紅鮭・野菜はピーラー切り・麹は服部醸造です。

右側の方は、時鮭を使って野菜類は手切り、麹は母親が使う十勝の麹です。

左側と右側を比較すると、左側は野菜はしなしなして食べやすいのですが、その分食感にかけます。麹は服部醸造の方が粒が小さいので細かく砕けた感じがします。鮭は紅鮭なので脂があります。右の時鮭の方があっさりしていますが、決して美味しくないというわけではありません。これは好みが分かれるところですが、一般的には紅鮭の方が旨いと言われています。

メリットデメリット
時鮭安価であっさりしている脂身が少し足りない
紅鮭脂っこいので旨味が多い価格高い
手切り太さがあり歯ごたえがある切るのに手間がかかる
ピーラー切り切るのに手間がかからない歯ごたえに欠ける
丸合清水醸造麹粒が大きい粒が大きい
服部醸造麹粒が細かい粒が細かい

これは、どちらも一長一短、表裏一体ですね。麹なんかはメリット・デメリットが同じですので、もう好みの世界かもしれません。樽の良し悪しは今回判別できませんでした。これも強いて言えば底の浅い樽を使いましょうというくらいです。まあ、木樽は1万円以上と高価ですから、この辺がデメリットかもしれません。ピーラー切りの方はもっと太く切れるピーラーを使ってもいいかもしれませんね。

今回使った麹
今回使った麹
スポンサーリンク

なにはともあれ、早速実食です。暖かい場所で保管したりするとボツリヌス菌で食中毒になってしまう可能性が高くなります。常温で置きっぱなしはもちろん厳禁、出した飯寿司は早めに食べましょう。

まずは、プラ樽で作った紅鮭の方から。

脂っこさが酢と合わさって美味しいですね。麹と野菜がちょっと細いかなあとも思いますが、この辺は好みだと思います。

紅鮭の飯寿司
紅鮭の飯寿司
細い野菜と一緒に食べると脂が丁度よい
細い野菜と一緒に食べると脂が丁度よい

時鮭で使ったほうを食してみます。こちらは母親がすべて手掛けましたのでいつもの家庭の味ですね。

違うのは紅鮭か時鮭かの違いです。あっさりしているので酢味が効いています。野菜の歯ごたえは十分ですね。これはどっちも旨いなあ。(‘ω’)

時鮭の飯寿司
時鮭の飯寿司
スポンサーリンク
野菜がシャキシャキしていて色鮮やか
野菜がシャキシャキしていて色鮮やか

ある程度、樽の中を食べたら、パック詰めして冷凍保存しましょう。その際も冷凍焼けを防ぐためにラップ等でしっかりと封をして下さいね。解凍したら早めに食べることが肝心です。

パック詰めして冷凍保存する
パック詰めして冷凍保存する

↓ ↓ 直ぐに鮭の飯寿司が食べたい方はどうぞ。(‘ω’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました